飾り枠 飾り枠
飾り枠
ホーム リフォームオーダー ショッピングコーナー
ギャラリー インフォメーション 日記 お問い合わせ
ジェダイト石入り真珠ネックレス
Pt900ダイヤ流線リング 始めと終わりの先を応用すると・・・

今回の作品は、母親代わりの様な伯母様から頂いた思い出のダイヤペンダント。このダイヤをセンターに、自分の干支のネズミを入れた流線リングを作って欲しいとのご希望で、かなりネズミに悩みました。
通常のアトリエHIROの流線リングは、線の流れが後ろで始まり後ろで終わります。今回の流線リングは、線の始まりと終わりを前に持ってきて、線の先で模様を描く様なリングに仕上げています。
センターのダイヤは0.5ctと大きく、今回の流線の模様にはスムーズに、うまくバランスを取る事ができました。問題はネズミでした。漸くダイヤの脇に座り、登ろうとしている様のネズミの原型を起こし完成した際、工場に送る梱包の前にもう一度リングと合わせてみようと乗せた所、パタッとネズミが倒れたのです。
その様が、今にもダイヤを狙って忍び寄って来る様に見え「コレだ!!」と急きょネズミのお尻部分を手直しして満足の行く納得のネズミになりました。漸く私の流線リングとネズミが融合した瞬間でした。金属となって上がってきたネズミに、予め空けておいたネズミのお尻の穴に、別に引いて作った0.5mm程のptの線をまずロー付けをしてネズミが完成。
先に作った流線リングにネズミをセッティングし、最後に大事なしっぽの動きです。流線の模様の隙間にバランスよく入る様に、しかもしっぽの動きを損ねる事なく納める最後の作業が一番緊張しました。
ネズミの表情は耳と鼻の頭(写真では見えませんが)のみを光らせ、後はダイヤモンドポイントで荒らしを入れ、ソフトな表情でネズミらしさを出しています。納品の時は私も悩んだ分だけワクワクも大きく、ケースを開け、リングの仕上がりに、お客様も大感激なご様子でした。

beforeの写真です。

飾り枠
飾り枠 飾り枠
Copyright© 2003 atelier HiRo All Rights Reserved.