飾り枠 飾り枠
飾り枠
ホーム リフォームオーダー ショッピングコーナー
ギャラリー インフォメーション 日記 お問い合わせ
K18琥珀ネックレス&リング
リングの腕とペンダントのバチカン部分がお揃い

まだまだ私の母が仕事をしていた頃、母の日のプレゼントとして贈った作品です。大小の琥珀からすぐにリングとペンダントヘッドのイメージが沸き、まずはリングから原型を起こしました。
琥珀は、柔らかく衝撃に弱いため、出来るだけ枠で覆いたいところですが、大振りの石は枠で取り巻いてしまうと、かなりごっつい物になってしまいます。石を縦の正位置より少し傾けて、留める部分もリングの腕の延長が爪として生かされる様なデザインになっています。その爪のバランスもアシンメトリーに作る事で、石の不定形さを最大に生かしたデザインにまとめる事ができました。
ダイヤ等の脇石を使わない分、地金でボリュームを出し、表面加工も面取りタイプの表情をつけました。最後の仕上げは鏡面にせず、温かみが出る様に荒らしを施し、ソフトな印象に仕上げています。
琥珀のペンダントヘッドも同様に、バチカン部分(チェーンを通す所)を同じ表情で原型から作りました。一番悩んだ所はチェーンです。琥珀だけで組んだ首周りや金属のチェーンのみでは似合わず、悩んだ末、両方兼ね合わせたチェーンに琥珀を飛ばして組む事にしました。飛ばす琥珀もカット入りにする事で、首元を華やかに飾ってくれ、納得の行く作品になりました。

飾り枠
飾り枠 飾り枠
Copyright© 2003 atelier HiRo All Rights Reserved.