飾り枠 飾り枠
飾り枠
ホーム リフォームオーダー ショッピングコーナー
ギャラリー インフォメーション 日記 お問い合わせ
PT900&WGダイヤリング
それぞれの時代を生きたダイヤリングがベストに融合♪

知人のお母様の娘時代に、お父様から頂いた立て爪リングと、ご主人様から結婚25周年の銀婚式でプレゼントして頂いたV字リングを合わせて1つのリングにならないかとご相談を頂きました。
お母様は大阪の方ですのでお会いする事はできず、サイズや好みを娘である知人を通しお母様へリサーチしてもらい、デザインをまとめました。
立て爪のダイヤは当然センターに配置し、引っ掛かりの少ないふくりん留めにしようと収まりましたが問題はV字リングです。
よ〜く見ると丸のラウンドカットダイヤだけでなく、角ダイヤと二列になったV字リングでした。角ダイヤは枠作りにも一手間かかり石留も割高なので、ご予算に近づけるにはどうしたらいいか悩みました。
デザインはオリジナルの流線リングに近づけ、正面をクロスさせた雰囲気がいいと思い、先ずは素材を無垢で使えるWGにし、コストダウンのもう一つ方法として立て爪リングの腕だけをそのまま生かし、立て爪リングの爪だけカットして、ふくりんの座に差し替えました。リングの腕をそのまま使用する事で、大切な思い出と必要な地金が自然に調達できたのです。
角ダイヤの爪はレール留めと言って、やはり引っ掛かりの少ない爪で、センターのふくりんともよく合います。
石の配置には悩まされただけに、石留の仕上がりを見た時には、思わずニヤリとしてしまいました。早く見せたいと早々に納品をし、娘さんから郵送で送って頂きました。チャキチャキの大阪弁で「すごいいいわぁ2本ともリング使ってるの?デザインもすごくええわぁサイズもピッタリ!!」と大変喜んで頂きました。

*当時の相場で12万程




飾り枠
飾り枠 飾り枠
Copyright© 2003 atelier HiRo All Rights Reserved.